ゼロから始めた英語などあれこれ

無料教材でTOEICスピーキングテストの練習:Cambly(キャンブリー)

2020/08/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら

TOEICにはリスニングとリーディングの他にスピーキングとライティングのテストがありますね。

スピーキングテストだけを受けることもできます。

フリートークでは話せるけど、写真の描写とかになるとなぜか言葉に詰まってしまう。

私はそうです。

フリートークでは表現力が少なくても自分が言いたいことは伝えられてしまいますが、狭い表現力を伸ばすためにはやっぱり”学習”が必要ですね。

目次

スピーキングテストのための教材

何かを向上させるにはやはり意識づけが大切ですね。

新しい単語、表現を取り入れて自分で使ってみる。
インプットとアウトプットです。

オンライン英会話で教材を利用すれば新しい知識のインプットと会話をすることでのアウトプットができちゃいますね。

Camblyカリキュラム:TOEIC Speaking

※カリキュラムが新しくなったためこのカリキュラムは現在提供されていません。

新カリキュラムについてはこちらを。

スピーキングテストで出題される内容の例題を練習することができます。

・音読
・写真の描写
・質問に答える
・用意された情報を基に質問に答える
・解決策の提案
・意見を述べる

上記がスピーキングテストの内容です。

Cambly(キャンブリー)の教材には答えのサンプルがあります。
どのように答えていいか知ることができます。

例題でテストに慣れておけば本番の時の緊張が軽減されます。

TOEICスピーキングテストの出題される内容が分かったらCambly(キャンブリー)の他の教材もスピーキングテスト用として利用してみませんか。

より多く、教材を使って英会話レッスンを受けることができます。

無料で提供されている教材です。
せっかくですから、使ってみましょう!

教材を自由に使う

TOEICスピーキングテスト用の教材に限ったことではありませんが、教材をそのまま英会話レッスンで使用するとちょっと使いにくい・・・、と思うことがあります。

例えば、
「声を出して記事を読む前に45秒間の準備時間が与えられる。」

テスト本番の時はその45秒間は欲しいですが、英会話レッスン時にはいりません。
英会話レッスン前にすでに教材を確認していますよね。
Cambly(キャンブリー)のミニッツをそのために使うのももったいないです。

I don’t need 45 seconds to prepare. などと講師に伝えて記事を読んでしまいましょう。


「講師が読む部分が指定されている」

講師が読む部分が指定されているところがあります。
あなたはその部分をどう使いますか?

・英会話レッスン時はその部分を見ないで講師に記事を読んでもらう

リスニング強化

・そのあと自分で読んで発音を聞いてもらう

発音練習

・最初から自分だけが読み、発音を確認してもらう

発音練習

教材の中身にもよりますが、講師が読む部分が多いと感じる場合は Is it OK if I read Question 5 aloud? などと聞いてみましょう。


「質問の意図が分からない」

教材を進めていくと何を指示しているのか分からない部分に出会うことがまれにあります。

会話が発展してすでに議論した部分があとから質問として出てくる場合もあります。

そんな時は Let’s move on to the next question. です。


レッスン前に教材を予習している時にその教材を英会話レッスンでどう使いたいのかも考えてみましょう。

あなたは事前にレッスン教材を確認することができますが、その教材を使いたいとレッスンが始まってから講師に伝えた場合、講師はその時初めて見る教材かもしれません。

講師の中にはその場でテキストを見て、レッスンの進め方がうまい!という人もいます。

あなたが練習したいことを英会話レッスンでやるためには自分で流れを作っていくのもスキルのひとつだと思います。

使いたい教材がない、少ないと思うより、使える教材にあなたが変えていくほうが英会話レッスンの充実感が増します。

表現力を広げよう

私自身、母国語の日本語でさえ表現力に乏しいので日々勉強だなぁ、と感じます。

日本語でも英語でも表現力をつけていくことはどのレベルであっても必要ですよね。

英語では同じ単語を使うことを避ける傾向があります。

繰り返しを避けるということは言葉を知らなければできません。
言い回しができるということは会話の返し方、話題自体の知識やユーモアさも必要ですよね。

難しいと感じてしまいますが、少しずつでも単語や表現を取り入れていきましょう。

英語を読んだり、聞いたりする時間を増やしていくしかないような気もしますが、自分が英語を話す時に意識してみましょう。

話の幅を広げていく、
これはすぐにできることではありません。
今までの積み重ねとこれからの努力ですね。

まとめ

TOEICスピーキングテストを受けるのは自分の能力(位置)を知るため、向上させるため、もしくは会社から求められているのかもしれません。

スピーキングは受け身の英語学習のみでは伸びません。
テストのためではなくても挑戦することは話せる英語を身につける学習法のひとつになりますね。

Cambly(キャンブリー)は英会話レッスンの録画機能がついています。
レッスン後に見て、自分の話し方のいいところ、悪いところを確認しましょう。

客観的に見ることで直すところが分かります。

DMM英会話にもTOEICスピーキングテスト用の教材がありますよ。
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2020 All Rights Reserved.