ゼロから始めた英語などあれこれ

仕事力に磨きをかける!基礎知識としての英語を身につけよう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら

あなたの仕事で英語が必要な事ってありますか?

どこかの部署では英語が必要かもしれない、もしくは必須だけど、自分の仕事には英語は分からなくても問題がない、ですか?

会社では「グローバルに活躍できる人材」や「グローバルな視野を持つ人」を育てるため、研修を行ったり、社員にTOEICを定期的に受けさせたり、オンライン英会話などが受講できるようになど英語力の向上にも力を入れていますよね。

それでも「英語に興味がないわけではないけれど必要じゃないし、英語を習うなんて考えてもいない」かもしれません。

あなたはもう仕事には慣れ、上司や同僚からも信頼を得ていますよね。
そこに新しい視点を取り入れたら、さらにあなたの魅力が際立ちますよね。

「英語を学習する」のではなく「基礎知識としての英語」を取り入れてみませんか。

目次

カタカナ・ビジネス用語、理解してる?

カタカナで表される言葉ってすごく増えてますよね。
テレビでもファッション雑誌でもYou Tubeでも、今まで当たり前のように使われていたかのようにカタカナ言葉があふれています。

会社の中も例外ではありません。

コンプライアンス
フィードバック
リスクヘッジ
PDCA
グローバルスタンダード
ペイ
ボトルネック
ワーク・ライフ・バランス

などなど会社の通達や書類、会議などでもたくさんのカタカナ・ビジネス用語を見聞きしていると思います。

カタカナ・ビジネス用語の中には日本語独自の略し方やカタカナ発音になっているものがあります。

言いにくそうで、なかなか頭に入ってこないカタカナ・ビジネス用語、
分からないままだと、何度聞いても「よく分からない」ままで終わります。
自分で使うこともできません。
そのまま流してしまうのではなく、一度ぐらい英語のスペルから見てみませんか。

英語のスペルを見て、日本語訳を知って、どのようにビジネスで使われているのか見てみる。

意味を理解していけば、カタカナ用語やアルファベット文字に対する苦手意識が和らぎます。

もし、もう少し興味が湧いたら英語での発音を聞いてみてはどうでしょうか。

視野を広げる

慣れた環境が長く続くと、安定のような安心感はあるかもしれません。
ですが変化がないという事は、考え方やものの見方が広がらなく、狭くなってしまうことがあります。

日常で変化を作るのに一番簡単な方法は、何か新しいことを始めることです。
一見、仕事には関係がないと思われるようなものでも、あなたの中で芽生えた新しいことはあなたのことすべてに影響が多かれ少なかれ出てきます。
新しく始めたことは新しい知識とともに広がりができます。

あなたがやってみたかった事、スポーツやカラーコーディネーターなどなどいくつかあるかもしれませんね。
『英語を取り入れる』ことを始めてみませんか?

先述した通り、私たちは当たり前のようにカタカナの言葉を使っています。
カタカナと英語が同じ意味ではないこともありますが、普段の日常生活の中で英語に触れない日などありません。

あなたが好きな事を英語で説明している動画を見てみたり、会社で使われているカタカナ・ビジネス用語の関連記事を英語で読んでみるなどいいのではないでしょうか。

日本での見方だけではなく、海外での取り上げ方を知ることは共通部分の認識と違いを知る発見にもなります。
そうすることであなたに新しい考え方が自然と身についていくのです。

ニュースの見出しを流し見するような受け身の情報はすぐに忘れてしまいますが、自分から調べた情報は記憶に残りやすく身につきます。

オンライン英会話やってみる!?

英語を習っている訳でもないのに、オンライン英会話を受けるなんて突飛すぎるかもしれません。

日常生活では誰かと意見交換すると言っても身近な友人、家族や会社の同僚です。
あなたとは違う業種や環境の人達と交流するのは難しいですよね。

今ではオンライン上で様々なコミュニティを見つけることができます。
オンライン英会話のレッスンは『コミュニティ』ではありませんが、あなたの仕事力に磨きをかけることができるひとつだと思います。

本来、オンライン英会話はお金を支払って英語を学ぶ場所ですが、海外の人とディスカッションをする機会が作れるのです。

会社では各部署に与えられたノルマや上司から言われたことをやりきることが精一杯で毎日が過ぎてゆく・・・、
自分の意見を上司や同僚に発言するって、ちょっと慣れてない・・・、

だからこそ、ディスカッションができる場と言うのは重要なのです。

ディスカッションするためには自分の意見を相手に伝え、相手の意見も聞くことです。
自分の意見を伝えるためには、情報を集め、咀嚼し、意見をまとめることが必要です。

考える事、発言する能力をオンライン英会話を使って磨きをかけるのです。

突然オンライン英会話と言われてもどこがいいのか分からない!と思います。

おすすめはDMM英会話です。
DMM英会話には100ヶ国以上からの講師が集まっています。
無料でニュース記事が短くまとめられたものを教材として利用できます。
日本のニュースも取り上げられているので、ニュースが難しすぎるという事もありません。

話題に悩まず、様々な国の人と意見交換ができますよ。

もうひとつおすすめのオンライン英会話があります。
QQ Englishです。
せっかくなら英語もしっかりと身につけていきたいと思ったのならQQ Englishです。

QQ Englishの教材にはあるテーマを基にレッスンが展開します。
テーマに関連した単語、文法を学びながら意見を発言するというレッスンがQQ Englishではできます。

一貫した質の高いレッスンを提供できるのは、オンライン英会話レッスンを担当してくれるのは全員が英語教師だからです。

まとめ

あなたの生活に英語を取り入れるか、取り入れないのかであなたと世界との距離感は違うと思いますが、日本の”外”のことに無関心でいることに違和感があることはあなたならすでに気がついていると思います。

そのひとつの気付きが派生し、あなたをさらに輝かせるのです。

実際に行動すること、何かを始め継続することは、あなたの仕事にも必ずいい影響を与えます。

仕事の基礎知識として英語を取り入れてみてはどうでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2021 All Rights Reserved.