その英単語、勘違いして発音していませんか?:発音ってむずかしいっ

スピーキング&ライティング

英単語を覚えるときに気をつけたいのが発音の仕方です。
単語を見て、予想通りの発音でないことがあります。

その単語は知っていたけど、読み方が違うことに後から気がつくことがあります。

新しい単語を覚えるときは発音を確認したり発音記号を確認したほうがいいです。

自分が間違って読んでいた英単語などをいくつかまとめてみました。

発音を間違えやすい単語

私が、間違えやすいなんですが。
あなたは大丈夫ですよね?
読んでみてください。

above

「上側に」、「超える」などの意味があります。
”o” は dog など”オ”で発音もしますが、”ア”もあります。

発音:ァヴ

young も「ア」ですね。

surface

マイクロソフト社の製品の名前なので今では読み間違うこともなくなりました。
「face」 の部分をずっと「フェイス」と言っていました。

「水面」、「表面」という意味です。

発音:ァフェス

society

意味は「社会」、「団体」。

発音:ィティ

ストレスが2文字目の「サ」の部分です。
強く発音する部分を間違うと通じません。

最初の「サ」の部分でほんの少しだけ止める感じで発音すると言いやすいですよ。

purpose

「 o 」の発音が分かりにくいですね。
「オ」じゃないんですよね。
「ポーズをとる」という意味の pose が 「ポゥズ」 と発音するので勘違いしていました。

発音:パァパス

意味は「目的」です。

facade

「外観」、「(建物の)正面」という意味の英単語。
こんなに短い単語なのに予想もつかず読めませんでした。

発音:ファサアド

強く発音する部分が「 ca 」の「 a 」の部分です。
ファサァの後にあえてアを入れました。

ファサァアド
ファサァアド・・・。

clothes

「衣類」は複数形で表します。

クロゥジィズではないですよ。

cloth、「布」
cloths、「布」の複数形
clothes、「衣類」

発音:ロゥ

column

「円柱」。
新聞などにあるコラム欄の「コラム」でもあります。

最後の”n”は発音しないんですね。

発音:カォラム

debris

「瓦礫」です。

発音:デブリィ

最後の”s”はいりません。

boulevard

アメリカの住所でBlvd.って見たことありませんか?

○○ Blvd.
○○St.

「○○通り」です。

boulevardは「大通り」など広い道です。
広い道でも道の両側に街路樹が植えてあるような町の中にある広い道です。

発音:ルヴァァド

どちらの読み方なのか忘れる単語

i

「 i 」 の読み方を悩むときがあります。

finance
日本語のカタカナにもなっているファイナンス。
英語ではファイナンスともフィナンスとも発音しますね。

vitamin
ビタミンもそうですね。
ヴァイタミンとヴィタミンがあります。

vine, vineyard

「ブドウ」と「ブドウ園」です。

vine
発音:ヴァイン

vineyard
発音:ヴィンヤァド

diverse, diversity

「多様な」と「多様性」

diverse
発音:ダィヴァ

diversity
発音:ディヴァシティ
私はディヴァシティをよく聞くのですが、辞書にはダィヴァシティの発音もありました。

wild, wilderness

「野生の」と「原野」

wild
発音:ワイルド

wilderness
発音:ウィルドゥネス

言いにくい発音の単語

発音しにくい単語はありますか?
わたしはこれです。

tt がある単語

button

発音:トゥン

「ボタン」です。

cotton

発音:トゥン

「綿」、言いにくいですね。

battle

発音:トゥ(ル)

「戦」

little

発音:リトゥ(ル)

「小さい」

続けると難しい単語

a lot of

発音:ァロトォブ

a cup of

発音:ァカプォブ

a cup of tea はカッパァとイギリスで聞くことがあります。

of だけではなく、単語と単語がくっつく発音は難しいですね。
I have to ~、とか I want to ~などなど。

まとめ

どうですか?
勘違いしている発音はありましたか?

発音は練習が必要ですね。

たくさん聞いて、たくさん話す。
その繰り返しです。

発音を確認して、真似をする。
Podcast や YouTube など無料で英語を聞けるところはたくさんありますよね。

ともにがんばりましょう。

英語学習:それって英単語?気をつけて!カタカナ発音は通じません
テレビなどを見ていると新しい言葉や流行言葉のようなものがどんどん使われています。新たなカタカナがたくさんでてきます。本を読んでいてもこれってどんな意味?と思う難しいカタカナに出会ったりします。外国語を日本語の発音にして使っているのでカタカ...
プロフィール
この記事をかいた人
よしの

20代後半から英語力ゼロで始めた英語。
「真剣さ」などなく、「お話し好き」だけで英語を続けてきました。

とは言え、今まで凹んだこと、落ち込んだこと、やめない程度にだらだら続けていた日々がありました。

話すことが、楽しいんです。

英語関連を中心に紹介します。
いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。

訪れてくれてありがとうございます。嬉しいです。

よしのをフォローする
スピーキング&ライティング
スポンサーリンク
よしのをフォローする
よしのブログ
タイトルとURLをコピーしました