愛と共に英語学習:おしゃべりで世界に笑顔を増やす

初級者【オンライン英会話】難しく考えない!伝わる英語を話すには?

2022/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
20代後半から英語力ゼロで始めた英語。 「真剣さ」などなく、「お話し好き」だけで英語を続けてきました。 とは言え、今まで凹んだこと、落ち込んだこと、やめない程度にだらだら続けていた日々がありました。 でもやっぱり話すことが楽しいんです。 英語関連を中心に紹介します。 いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。 訪れてくれてありがとうございます。嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

オンライン英会話は月額料金がお手頃です。
そして通う必要がありません。
インターネットに接続できればどこからだってレッスンを受講できます。

ですが、サポートを受けにくいなぁ、と感じてしまうかもしれません。
上手く話せるようになりたいのに、どうしていいか分からない。と自分だけで悩んでしまったりしませんか?

「受ければ受けるほど話せなくなってる・・・。」
「オンライン英会話のよさが分からない。」

初級者の時は英語の学習法が身についていません。
やり始めたばかりですから当たり前です。

大丈夫です。
焦らずに、徐々にやっていきましょう。

少しずつ、少しずつ、意識しながら英語を上達させていきましょう!

目次

時制

時制です。
出だしから難しそうで嫌になりますか?
会話をするには過去、現在、未来の話が出てきます。
簡単に分けてみましょう。

do 

現在形は日常的なことや習慣を表します。
定期的に毎日でも月1回でもあなたが行っていることです。

I study English.
I do online shopping.
I have breakfast.
I surf the Internet.

doing

進行形ですね。
あなたが今まさにやっていることです。
今○○している。

I’m reading a blog.
I’m studying English.
I’m doing online shopping.
I’m having breakfast.
I’m surfing the Internet.

did

過去形です。
ある時点の過去を話しています。

I studied English last night.
I did online shopping last Sunday.
I had breakfast this morning.
I surfed the Internet before going to bed.

will do

未来の予定です。

I will study English tonight.
I will go to the gym tomorrow.
I will watch the TV drama on Sunday.



簡単すぎ!と思うかもしれませんが、会話をしていると時制を忘れることがあります。
頭で分かっているつもりでも、話す時は間違うことが私はあります。
意識して動詞を使います。

他にも言い方はあります。
最初から詰め込むと混乱するので段階的に定着させます。
文法や英単語の量だけを増やしてもなかなか身に付きません。
英語を聞く、読む、話すの経験を積み重ねることが必要です。

まずは基本的なことからです。

文で話す

英会話レッスンは話す練習です。
どんどん間違えて正しい言い方を教えてもらいましょう。

てきとうな英単語を並べて言えば、通じることってあります。
私は英語が話せないとき海外旅行先でよくやっていました。

英語を向上させるのなら単語だけを連発する話し方はやめるようにしましょう。
文で覚えて、文で話してみます。

難しい文章を話す必要はありません。

I like…
I get…
I catch…
Yes, I am.
No, I am not.

短くていいんです。
短くても正しい英語を話すように心がけます。
日本語は主語を抜かして話すことができますが英語はできません。

YesかNoで考える

好き、嫌い。
はい、いいえ。
すべての質問の答えがどちらかで収まるほど物事は単純ではありません。

いろいろ考えていると英語で何て説明していいのか分からなくなり焦るばかりです。
沈黙が続いてしまったりします。

とりあえず、YesかNoで答えちゃいましょう。
あなたの気持ちすべてをまとめて伝えようとせず、短い文章に分けて伝えてみます。

講師「Do you cook?」

あなた(まったくやらないわけじゃないんだけどなぁ。
    あんまり料理好きじゃないんだよな。
    コンビニ弁当買ってきたりもするし。)
   「Yes, I do.」
   「But I don’t like cooking so much.」
   「I often buy a ready meal.」

アクセントと発音

発音は英語学習をしている多くの人が向上させたいと思っているひとつではないでしょうか。
練習あるのみですね。

まずA~Zの発音の仕方、口の形を知るといいですよ。
映像で見てみます。
YouTubeで検索して見ることができますよ。

一度も見たことがない人は見てください。
口の形を知らなければ音は出せません。

同じ音が出せるように練習してみます。
よく言われることですが、RとLはどうでしょうか。
違う音だということを認識します。

そして英語にはアクセント(強く発音する部分)があります。
アクセントを意識しないで発音しても、伝わらないことがあります。

日本語初級者の外国人が話す言葉が聞き取れないときありませんか?

日本語と外国語ではアクセント、リズムや音の強弱が違います。
地道な作業ですが、英単語のアクセントをつける部分に気を付けてみましょう。

英単語は辞書を見ればアクセントの位置が分かりますよ。

英語の音の出し方とアクセントを知るだけでも伝わっている感じが分かります。
ぜひ、取り組んでみてくださいね。

まとめ

日本語は普段話している言葉なので状況により言葉の使い分けができます。
(日本語も難しいですけどね。)

習い始めた英語はとにかく経験が少ないので知らないことが多くて当然です。
今から増やしていけばいいのです。

英語を習い始めてすぐにペラペラ話せる人はいません。
ともにがんばりましょう。

もしDMM英会話を受けているのなら。
この記事を書いている人 - WRITER -
20代後半から英語力ゼロで始めた英語。 「真剣さ」などなく、「お話し好き」だけで英語を続けてきました。 とは言え、今まで凹んだこと、落ち込んだこと、やめない程度にだらだら続けていた日々がありました。 でもやっぱり話すことが楽しいんです。 英語関連を中心に紹介します。 いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。 訪れてくれてありがとうございます。嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2020 All Rights Reserved.