ゼロから始めた英語などあれこれ

毎日ただ英語を話すは現状維持以下!オンライン英会話を活かす上達法:DMM英会話

2021/07/22
 
予習と復習
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら

Skype(スカイプ)やビデオ通話ができるオリジナルツールを使ったオンライン英会話のおかげで毎日でも英語を話せる環境が作れるようになりました。
インターネットにつなぐことができれば、お家から外出先からどこからでも英会話レッスンが受けられますね。

英語を習得するためには話さなければなりません。
”英語で会話をする”は基本的なことで、それが毎日できればなおいいですよね。

「じゃぁ、毎日英語を話せばいいんだね?」
―――はい、あなたの英語能力を保つことはできます。

「英語のスキルを上げたい!伸ばしたい!上達したいんだけど?」
―――インプットとアウトプット、それに確認作業が必要です。

予習 → 実践 → 復習 です。

今回はDMM英会話の教材:デイリーニュース(※)を使った学習法です。

DMM英会話「デイリーニュース」は最新ニュースを読み、ディスカッションをする教材です。

目次

予習:英会話クラスに備える

予習する

DMM英会話 デイリーニュース

DMM英会話の教材:デイリーニュースは毎日数記事がアップされます。
教材レベルはレベル5 Intermediate – レベル10 Proficient です。

DMM英会話では”レベル5 Intermediate”の目安は下記のように設定されています。
『TOEIC 340-530 海外旅行で英語が使える』

レベル5、6には日本語訳がついています。
DMM英会話会員ではなくても誰でも無料で教材を見ることができます。
レベルはあまり気にせず好きな記事を選んでみてはどうですか?

Exercise 1 単語を確認する

デイリーニュースのExercise 1は単語です。

・発音(音声アイコンがない場合もある)
発音はできる限り聞きます。
自分も発音してみます。
重ねるように発音すると自分が正しく発音できているか分かりますよ。

・品詞
名詞、動詞などちゃんと確認します。
単語の品詞を知らないと自分で使えるようにならないんですよね。

・日本語訳(ない時もある)

・発音記号
音声アイコンで発音を聞いていても見てみます。
発音を聞いて記号を知ることにより発音記号が読めるようになります。
うまく発音できない単語は発音記号を見ながら練習します。

・意味(英語)
私は通常見ていませんが・・・。
日本語訳がない時、日本語訳では分かりにくい時に読みます。
日本語訳よりも英語で説明された意味のほうが微妙なニュアンスが分かるときがあるんです。

・例文
ひとつだけでも声に出して読んでみます。
単語の使われ方が分かりますよ。
英文を読むリズムを身に付けるために音声アイコンがあれば聞いてみます。

Exercise 1 単語を確認する

Exercise 2 ニュース記事

・記事を読む
ニュース記事はひと通り読みます。

私は時間がとれる休みの日ははっきりと声に出してニュース記事を読んでいます。
音読は発音の練習になります。
長い文章を読むリズムも気にするようになります。

音読する利点はいくつもあるのですが、時間がない時もあります。
その時は読む速度を意識して声には出さず読んでいます。
英語を速く読む訓練になりますよ。

・分からないところを事前に調べる
知らない単語、発音できない単語、文法が分からないところを自分で調べてみます。
調べてはみたけれどよく理解ができなかったところは、レッスンの時に質問してみましょう。

Exercise 3 ~

・Exercise 3 質問
・Exercise 4 議論
・Exercise 5  一歩踏み込んだ議論

質問がなくExercise 3 が議論で始まることもあります。
各問いの答えや意見を用意しておきたい場合は、あなたのニュースに対する考えをまとめておくといいですよね。
記事に関連する英語を調べておくと会話に役立ちますよ。

私は”講師の質問をその場で理解できるか”、”質問に自分の考えをすぐに表現できるか”を試したいので Exercise 3 以降は事前には読んでいません。

DMM英会話を利用しているのなら毎日レッスンが受けられます。
あなたがレッスン中に試したいことをデイリーニュースを使ってやってみましょう!

実践:英会話レッスンを受ける

レッスンを受ける

レッスンを受けるときはすぐにメモが取れるようにノートとペンを用意します。

・レッスンについて

講師によって多少の違いはありますが、クラスの進め方はほぼ同じです。
Exercise1:ボキャブラリー、Exercise2:ニュース記事は講師の後に続いて発音するやり方です。

講師が単語や文などを発音しないで、あなただけが読みますか?と聞かれることもよくあります。

私は単語の発音は再度確認したいので講師にも読んでもらいますが、ディスカッションの時間をできるだけ多くとりたいのでニュース記事は自分だけで読むことが多いです。

予習しているので記事内容が分かっているはずです。
内容をイメージしながら読みます。
文章の意味が分かっていると長い文章の中でどこで区切って読むといいのか判断ができます。
おかしなところで区切ってしまうと聞き手側に伝わる読み方にならないんですよね。

記事を読むときは口の形を意識してはっきり発音してみます。
記事の内容をイメージしたり、発音も気にしたりなかなか難しいですが、だからこそ予習が重要なんです。

 発音の口の形って何のこと?と思った方はこちらの記事をどうぞ。

・質問をしよう

予習した時に解決できなかったこと、レッスン中に気になったことを聞きます。
質問したことは記憶に残りやすいですよ。

記事を読み終えると講師が「何か質問ありますか?」と聞いてきます。
いくつかの質問はあなたはすでに用意しているのではないでしょうか。
私は初めて知った記事、びっくりした記事の時には、「質問ではないけれどこの記事は〇〇だった。」「なんで〇〇なの?」とか自分から感想を言っちゃいます。
躍動的なレッスンは会話が広がり、自ら新しい英語の表現を学ぼうとします。

復習:受講した英会話レッスンを振り返る

復習する

もう一度レッスンに使用したニュース記事に目を通してみます。
分からなかったところは予習の時に調べてレッスン中にも聞いたので記事が読みやすくなっているはずですよ。

レッスン中にメモったこと、講師がチャットボックスに入力したことを再確認してみます。
間違った発音、勘違いをしていた発音や単語はありませんでしたか?

DMM英会話ではレッスン終了後に講師が入力してくれる「レッスンノート」があるのでこちらも活用してみましょう。

レッスンの中で伝えたかったけど英語で何て言うのか分からず言えなかったことはぜひ調べてみましょう。
新しい単語や表現を増やすことができますよ。
そして次回以降のレッスンに使うことができます。

英会話レッスンを録音してその音声データを使って復習をすれば客観的に自分の弱点を知ることができますよ。
効果的な復習法のひとつですね。

 録音データを使った復習に興味があるのならこちらの記事をどうぞ。

まとめ

時間がなくて予習、復習ができないことってありますよね。
予習抜きでレッスン時に初めてニュース記事を読み、どれぐらい自分がレッスンについていけるかを試してみるのもひとつの方法だと思います。

予習、レッスン、復習をすると同じ記事を3回読みます。
新しいことは1回だけ見てもなかなか覚えられないんですよね。
繰り返しの作業が予習、復習をすることで出来てしまいます。

予習は頭を整理してくれます。
復習で気づきと理解があり、そして英語力の向上が実感できますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2019 All Rights Reserved.