効果が分かる!発音を直すとリスニング力&スピーキング力がUPする!

スピーキング&ライティング

英語と日本語の大きな違いのひとつ、発音です。

日本語の発音には存在しない音が英語にはありますよね。
口の開け方、音の出し方、舌の位置、日本語とは違います。

大人になってから英語を学んだ場合、英語の発音を正しく出す方法を知りません。
発音がおかしいのは当たり前だと個人的には思います。

聞こえる音だけで英語を学んだのなら別ですが、英語の音の出し方を知らないのに最初から英語の発音は出せません。

音の出し方を学べば発音は必ず向上します。
英語の発音の仕方を確認してみましょう。

「※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。」

発音を直すとリスニング力&スピーキング力が向上する訳

日本語だけで育つと、日本語の発音の仕方しか知りません。
R や TH の音の出し方は何となく知っているかもしれませんが、英語の発音が日本語と違うのは R と TH だけではありません。

英語の発音の仕方を知らないまま英語を話すと、カタカナのような発音になってしまいます。

英語それぞれの音を日本語に当てはめて発音してしまうと(そのつもりではなくても)、違う音になってしまい、英語として伝わらなくなります。

英語の音の出し方を知ると正しい音が出ます。
発音があっているのなら英語として相手に伝わります。

自分で発音できるのなら相手の言葉も聞こえるようになりますよ。
知らない音は聞こえないのです。

発音の仕方を知る

英語の音の出し方を知るには動画が便利です。
口の形が見られるし、音も聞けるからです。

BBC のサイトや YouTube で検索をすればたくさんのチャンネルが出てきます。
自分が好きなサイトを選んでみてはどうでしょうか。

舌の位置がよく分からないときは、インターネットで検索をすれば画像で説明されていることもあります。

地道な作業ですが英語を話すためには必要です。
発音を向上させると相手に伝わるので、英語での会話が楽になってきます。
英語が伝わるようになると素直に嬉しいです。

会話のキャッチボールもスムーズになります。
そうなると音の出し方をもっと自然に気にするようになりますよ。

発音記号を知る

英語の発音の動画を見ることができるのは便利ですが、発音記号も一緒に覚えておくとさらに便利です。

知らない単語を調べる時、発音の音声がついているとは限りません。

新しい単語を見たとしても読む(言う)ことができなければ、使えないし、すぐに忘れます。

発音記号が読めれば、自分で発音してみることができます。

英単語は見たままで読むことは難しいですよね。

せっかく調べた新しい単語です。
自分自身が使える単語にするために発音も確認してみましょう。

話す機会を作ろう

英語が話せるようになるためには、話す場所が必要です。

英語教材の CD や動画などの台詞を真似して言ってみたり、一人でもできる学習方法はありますが、実際に英語を話してみなければ使える英語が身についているかどうかは分かりません。

英会話教室やオンライン英会話を利用してみてはどうですか?
特に発音を強化するのなら、英語ネイティブ講師の英会話レッスンを受講できるところがいいと個人的には思います。

オンライン英会話なら DMM英会話のプラスネイティブプランがお勧めです。
毎日話せて、無料教材の種類が多くレッスン内容が充実しますよ。

もっと自由な旅を!海外旅行で役立つ英会話教材【DMM英会話】
海外旅行に行ったときに「もっと英語が話せたらなぁ。」と感じたことはありませんか?団体ツアーに参加したり、英語が堪能な友達と海外旅行へ行ってあなたが英語を話す必要がなかったとしても現地の人とコミュニケーションがとれたら旅が一段と楽しくなります...

レッスンの予約を考えることが面倒、1回何分と固定されたレッスンが嫌な場合は、Cambly(キャンブリー)をお勧めします。
自由度が高く講師は全員英語ネイティブスピーカーです。

英語を話したい!Cambly(キャンブリー)アプリで!方言も聞ける!
英文法とかめちゃくちゃだけどとりあえず!英語を話してみたい!そう思っている人も多いと思います。英語の能力を向上させるためには”勉強”する部分ももちろん大切ですが「英語を楽しむ」ことを忘れちゃいけませんよね。間違いとか発音の悪さとか、いろいろ...

自分の発音を聞いてみる

英会話レッスンを受けていると、講師が「?」という顔をしたり、
聞き返してきたりするので自分の発音が通じていないことがダイレクトに分かります。

コミュニケーションから学ぶことは多くありますが、自分の発音を録音してみてください。
そして録音した自分の英語の発音を聞いてみるのです。

英語を話している時は、正しく発音していると思っているし、自分ではそう聞こえます。

録音したものを聞くと、本当の自分の発音を知ることができますよ。
英語ネイティブスピーカーの発音と自分の発音の違いを聞き比べてみてください。

恥ずかしいけどやってみて!英語の発音&スピーキングスキル向上を狙う
英語学習をしていて願うことのひとつ、「英語の発音をよくしていきたい!」英会話では「私の英語は通じているの?」相手が理解できる英語を話しているのか不安になりますよね。英語スキルの向上は自分では気がつきにくいんです。伸び悩みを感じる時期が何度と...

まとめ

日本語だけを話してきたので日本語発音の英語になってしまうのは仕方がないんだと思います。

「日本語発音の英語」と「日本語なまりがある英語」は全く違います。
「日本語発音の英語」は英語ではないので通じないのです。

英語の発音を知ることはできます。
練習することもできます。

英語の発音が悪くて当たり前です。
英語の発音の仕方を知らなかったのですから。

正しい発音の出し方を知ったあなたは発音がよくなります。
英会話レッスンももっと楽しくなりますよ。

プロフィール
この記事をかいた人
よしの

20代後半から英語力ゼロで始めた英語。
「真剣さ」などなく、「お話し好き」だけで英語を続けてきました。
今では世界中の人達と楽しく雑談しています。

日本、世界、宇宙と、この世界に存在する美しいものの話をたくさんしたいのです。

趣味とは言え、英語学習で凹んだこと、落ち込んだ日々もたっくさんありました。

英語学習で悩んでいますか?
必ず英語は話せるようになります。

今、話していますよね?少しずつでも。
大丈夫です。
見えませんか?自分が楽しく英語を話している姿を。

オンライン英会話や英語学習に関して「ちょっと聞いてみたいこと」はお問い合わせください。

詳しいプロフィールはこちら

よしのをフォローする
スピーキング&ライティング
スポンサーリンク
よしのをフォローする
よしのブログ
タイトルとURLをコピーしました