ゼロから始めた英語などあれこれ

恥ずかしいけどやってみて!英語の発音&スピーキングスキル向上を狙う

2019/06/22
 
自分の会話を録音する
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら

「少しでも英語の発音をよくしていきたい!」
英語学習をしている人なら多くの人たちがそう願うのではないでしょうか。

英会話では「私の英語は通じているの?」と相手が理解できる英語を話しているのか不安になります。

英語スキルの向上は自分では気が付きにくく、伸び悩みを感じる時期が何度となくあります。
自分の能力を知るためには客観的に見る必要があります。

そこで、ぜひやってみてほしいことは、

自分が話している会話を録音する!

自分のレベルを知るために録音するので、英会話レッスンのような自分の言葉で話しているときがいいです。
録音した音声データを使って復習します

※音声データは自己責任において利用してください。
 
音声データを使って復習するポイント
 ・ 自分の発音を聞く
 ・ 自分が話した文法は正しいか
 ・ 相手の質問に対して適切に答えているか
 ・ 無意識に使っている変な癖を意識する
 

自分の発音を聞く

自分の発音を聞いてみてどうですか?
私は初めて自分の英語の発音を音声データで聞いたとき、びっくりしました。
英語を話していたつもりですが、発音が悪すぎて何を話したのか自分でも聞こえないのです。

すぐにでも音声データを止めて即行削除したいところですが、そこを我慢して間違って発音している単語を言い直します。
単語のアクセントを違ったところで強く発音していないかも確認します。

自分が話した文法は正しいか

文法も確認していきましょう。
・動詞の時制(過去、現在、未来)は合っているか。
・主語が三人称単数(He、She など)のとき動詞に”s”をつけ忘れていないか。
・a(an)、the 冠詞はついているか。
・名詞を複数形にすることを忘れていないか。

話すときに特に間違えそうなことを挙げてみました。

音声データを聞きながら自分の間違いを訂正します。私は声に出して自分に対して突っ込んでいます。

話した内容を確認する


文法に苦手意識を持っていますか?
こちらの記事で文法のことを書いています。


相手の質問に対して適切に答えているか

講師の質問の内容を勘違いしていないか確認します。

Did you ~ ? の質問に Yes (No), I did (not). 、Can you ~ ? の質問に Yes (No), I can(not). など返答はどうですか?

Where、When、Which、Who、How の問いに Yes、No で答えていませんか?

講師が話した会話でよく聞こえなかった部分も聞き直します。

無意識に使っている変な癖を意識する

自分が受講した英会話レッスンを聞いていると自分では気が付かなかったクセがよく分かります。

相手の質問に答える前に「あ~っ。」「え~っ。」など無意識に言っていませんか?

自分が使った単語も気にしてみてください。
同じ単語を使いすぎていませんか?

聞いていて「なんか、かっこ悪いなぁ。」と感じる部分は次回のレッスンから気を付けてみましょう。

まとめ

自分の声を聞くって恥ずかしいです。それもおかしな発音の英語を話している自分の声を聞くなんて穴があったら入りたいぐらいです。

ですが、客観的に自分を見ることができる、復習にもなるこの方法は私にとっては効果大です。

スマートフォンでも録音できますが、私はスマートフォンのスカイプで英会話レッスンを受けるときもあるのでオリンパスのICレコーダーを使っています。
スカイプ越しに録音した講師の声が聞きやすいし、再生速度を細かく0.1単位で速くしたり遅くしたり変えられるところが便利です。

この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2019 All Rights Reserved.