ゼロから始めた英語などあれこれ

英語を読む速度を上げる今すぐ出来るTOEICリーディング対策

2019/06/22
 
TOEICリーディング対策
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら

TOEIC Listening & Reading Testのリーディングテストを受講中、時計を見たら試験終了時間5分前。
時間がないっっ!!
最後はとりあえず、てきとーにマークシートを塗りつぶす・・・・。

やってました。

本当は理解できる問題なのに、焦ってしまってマークシートを黒く埋めるだけなんてもったいない!

リーディング75分間で全100問が解けるようになる対策

  1. 英語の文章を読む速度を知る
  2. 日本語の本を読む
  3. 時間がない時に英文1記事を読む
  4. 日常的に英文を見る、読む習慣をつける

1.英語の文章を読む速度を知る

自分がどれぐらいの速さで英文を読んでいるか知っていますか?

・ストップウォッチを用意します。
手軽に用意できるとすればスマートフォンの機能でしょうか。時計についている機能でもなんでもOKです。キッチンタイマーにもストップウォッチの機能がついている場合があります。

・読む英文を用意する。(日本語訳付き)
英文は短すぎると時間が計測できないのでちょっとした記事がいいです。それと、その記事を日本語訳したものを用意します。

自分のレベルに合う文章がいいので、使用している参考書などから選んでもいいと思います。ネット上で公開されている日本語訳付きの英文でもいいです。

・時間を計る。
よーい、スタート。で、まず英語の文章を読んだ時間を最初から最後まで計ります。
初めて読む英文がいいですよ。2回以上読んだ文章は内容を知っているので読む速度が上がります。
計測した時間を書き留めたら次に日本語訳の文章も時間を計って読みます。
POINT! 競争ではないので、内容が分かるぐらいに自然に読んでみよう!

・計測値を比べてみる。
英文を読んだ時と日本語訳の文章を読んだ時の時間はどうでしたか?
理想は“ほぼ同じ”です。
ほとんどの人が母国語である文章を読んだ時のほうが圧倒的に(まではいかなくても)速いと思います。

英文を読む速度がすご~く遅くても悲しまないでください。
それだけ伸びしろがあるということです。

英語を読むときは速度を気にしながら読むようにすると、それだけでも変化ありです。読むスピードが上がります。

2.日本語の本を読む

英語の学習なのに、なんで日本語???と思うかもしれません。

ストップウォッチでそれぞれ時間を計って気が付いたと思いますが、通常、母国語の文章のほうが読むのが得意です。
もし英文を読む速度が日本語を読む速度とほぼ変わらないのなら日本語の文章を読む速度を速めることが必要です。
文章を読むこと自体が苦手な場合は外国語の文章だけを読む練習をしても残念ながら、なかなか向上しません。

なんだか、大変・・・。
大丈夫です。

普段の生活で、ブログ、雑誌、漫画、小説、仕事で書類に目を通さなければならない時など文字を見ない日などないと思います。
その時に、ちょっとだけ速度を意識する心がけをすれば日常生活の中に取り入れることができます。

3.時間がない時に英文1記事を読む

毎日、毎日、忙しい。
平日仕事だし、残業あるし、週末の休みはやりたいこと、しなきゃいけないこといっぱいあるし、美容室も行きたいし、空いた時間はネットで気になっていた服を買いたい。ドラマの続きも気になるし。

忙しいからこそチャンスです。

時間が制限されるときにあえて英文1記事読む習慣をつけちゃいましょう。
例えば、朝出かける用意をしながらとか、仕事場でのお昼休みが終わる5分、10分前とかにちゃちゃっと読んじゃいます。

これ、予想以上に効果絶大です。

時間があるとどうしてもその時間を目一杯使ってタスクを完了させようとしてしまいます。
時間がない時に読むと知らず知らずのうちに読むスピードが上がります。

知らない単語に出会ったとき、全部調べる癖はここではやめましょう。
TOEICの試験中でも知らない単語にたくさん出会います。試験中、辞書は使えません。
文脈が判断できるようになれば知らない単語も想像がつきます。

8割以上理解できる英文記事がお勧めです。
分からない単語に出会ってもあまりストレスを感じないからです。難しすぎると読むのも嫌になります。

4.日常的に英文を見る、読む習慣をつける

私の場合、英語を知らなくても日常生活にまったく支障がありません。それぐらい普段英語を話す機会は自分で作らない限りゼロです。
ニュースや映画、洋楽を聞けば英語を耳にすることはありますが、英文を読まなければならない状況など発生しません。

TOEIC Listening & Reading Testでは約45分間のリスニングの後に75分間のリーディングが続きます。
リーディングPart6あたりでは集中力が切れ、まだ解答していないマークシートの部分を見てげんなりしていました。
約2時間みっちりの英語に対応するために普段の生活で英語を取り入れ、生活の一部にすることを心掛けました。

興味もないかたい英文を“英語向上”のために読んでいてもつまらないし、数日後にはやめていました。自分の好きなジャンルの英語を毎日でも見る、読むようにして英文へのアレルギーを緩和しています。

まとめ

ちょっと意識をするだけで読み方が変わります。速度を気にする、時間を決めて読むを習慣化したら読み方が変わりました。日本語の文章を普段何気なく読んでいるときは、知らない言葉に出会ってもあまり気にせず読み飛ばしているのに、それが英文になると必要以上に辞書で単語を調べたくなります。
TOEICのテストでは辞書が使えません。知らない言葉に出会っても文脈が分かればOK、としています。

TOEICのスコアが上がるのはうれしいです。次のスコアアップへの意欲も高まります。

ですが、TOEICスコアアップ対策のためだけの英語学習では結果的に退屈で長続きしません。
参考書を開くことだけではなく日常生活に自然に英語を取り入れて“英語勉強”という枠を壊しています。

 TOEICのテスト当日に実力が発揮できるようやれることがあります。
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2018 All Rights Reserved.