ゼロから始めた英語などあれこれ

知っているよね?TOEIC対策【事前準備】実力にプラスするコツ

2021/08/28
 
TOEICテストに備える
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら

何事も当日にぶっつけ本番をやるよりは、事前準備を万全にしたほうがいいですよね。

レベルチェックのためにTOEICを受ける人にとっても、予想したスコア以上が取れれば素直にうれしいですよね。
英語学習においてTOEICのスコアだけがすべてではありませんが、ひとつの基準にはなります。

TOEIC(Listening & Reading Test)はマークシート方式のテストです。
ただテストを受けるよりも「テストの受け方のコツ」を知っていればあなたの実力を発揮する助けになります。

目次

マークシートは鉛筆を使う

普段、鉛筆よりシャーペンを使う頻度のほうが高いと思います。
鉛筆を最後に使ったのはいつ?なんてこともあるかもしれません。

「筆記用具を持ってきてください。」と言われたらいつも使っているシャープペンを持っていきがちですが、TOEIC L&Rの試験には鉛筆を数本用意してください。

TOEICテストはマークシートを黒く塗ります。
シャープペンでは芯が細いのです。
マークシートを塗りつぶす行為に気や時間を取られたくありません。
鉛筆を使います。

鉛筆は念のために2,3本持っていきます。
芯先は丸くしたほうが塗りやすいですよ。

試験開始前に受験番号や名前等を記入する際にもマークシートを塗るので、テスト開始の時点では芯先が丸くなっています。

私は予備で持っていく鉛筆の芯先もあらかじめ丸く塗りやすくしています。

鉛筆は転がることもあるので、転がり防止がついたキャップがあると安心です。

マークシートには鉛筆がいい

選択肢を先に見る

リスニングセクション、リーディングセクションどちらも質問と4つの答えが印刷されています。(リスニングセクション:Part1、Part2は除く)

 ●リスニングセクション 
Part3 会話問題とPart4 説明文問題はそれぞれ問題となる会話やアナウンスが流れます。
その前に質問と4つの答えに目を通します。
1問目はPartの指示が流れている間に質問、答えを見ます。
2問目以降は前問を解答するために与えられる時間中に目を通します。

質問を問題より先に知っていれば、聞き逃してはいけない部分が分かります。
答えの選択肢を見ることで問題のおおまかな予想ができます。

 ●リーディングセクション 
いずれも4つの答え、もしくは質問と答えの選択肢を見てから始めます。

Part5、Part6は4つの答えを見ると全文を読まなくても解けることが多いです。
答えの選択肢を見て何を問われているのか分からない時はあまり悩まず諦めて次に行きましょう。その分時間がかかるPart7に早く取りかかりたいからです。

リスニングセクションでは放送に従ってほぼ強制的に次の問題に移らなければなりませんが、リーディングセクションでは自分のペースになります。
分からない問題に当たるとあれこれ考えたくなりますが、文法や単語自体を知らなければ解けない問題もあります。
TOEICテストは時間配分が重要になります。
”潔く次に進む”を実行していきます。

TOEICテスト(リーディングセクション)では時間配分が重要

発音には種類がある

TOEICテストでは下記4種類の発音を使って問題が出ます。
・アメリカ英語
・カナダ英語
・イギリス英語
・オーストラリア英語

講師の影響や、あなたが好きな地域の英語を意識して取り入れていない限り日本で学習する英語はアメリカ英語です。

TOEICではそれぞれ標準的な発音での出題になるようです。
発音の種類自体今まで気にしたことがなかった!という場合は、ニュースサイトやYouTubeで聞いてみるといいですね。

各国の英語を聞こう!『ニュースサイト』
CNN:アメリカ
CBC:カナダ
BBC:イギリス
ABC:オーストラリア

公式教材をやる

TOEIC(Listening & Reading Test)に落ち着いて臨むにはテストの構成を知ります。
テストの流れが分かっていれば心構えができます。次は何だっけ?という不安も軽減されます。

TOEICには公式の問題集があります。
テストに慣れるというよりは、リーディングセクションを解く時間、時間配分を考えてほしいのです。

リーディングセクションは100問を75分で解きます。
文書を読まなければ解けないPart7に1分ぐらい時間をかけたいとなると他の問題は約20~30秒です。
一問解くのに限られた時間がどれだけ短いのか体験してください。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集を使って”淡々と”問題を解き進めていくやり方を覚えます。

まとめ

TOEIC L&Rのスコアを出来る限り高い、自己ベストを出すために最低3回は連続でTOEIC L&Rテストに申し込み挑んでいる人たちもいます。

テストを受けるときのあの緊張感のある雰囲気を自宅で作ることは難しいです。
公式の問題集を解くことによって問題に慣れる、TOEICの流れに慣れる、”慣れた”割合を大きくすれば試験当日も自分のペースが保てますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2019 All Rights Reserved.