英語学習◇応援ブログ:英語も人生も好きなことだけ

TOEIC対策:受けるのなら事前に準備しよう!やらないよりやったほうがいい

2022/05/07
 
TOEICテストに備える
この記事を書いている人 - WRITER -
『国際的な人材』、『グローバルな人材』と聞くと私には関係ないもんって思っちゃいますか? いえ、あなたが大切なグローバル人材なんです。 よしのブログは光り輝くあなたを応援します。 英語関連を中心に紹介します。 いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。
詳しいプロフィールはこちら

TOEIC テスト、当日にぶっつけ本番をやるよりは、できる限り事前準備をしたほうがいいですよね?

英語力レベルチェックのためだけに TOEIC を受ける人にとっても、予想以上のスコアは素直にうれしいですよね。

TOEIC(Listening & Reading Test)はマークシート方式のテストです。
試験というものは緊張しますね。
しませんか?

準備なしにテストを受けるより「テストの受け方のコツ」を知っていれば実力を発揮する助けになりますよ。

目次

マークシートには鉛筆を使う

マークシートを塗りつぶすには「鉛筆」がいいです。

普段は鉛筆よりシャーペンを使う頻度が高いと思います。
鉛筆を最後に使ったのはいつ?なんてこともあるかもしれません。

紙に文字を書くことが少なくなって普段は iPad にタッチペン(スタイラスペン)で書いているのかもしれませんね。

「筆記用具を持ってきてください」と言われたら、いつも使っているシャープペンシルを持っていきますよね?
TOEIC L&R の試験にはシャーペンではありません。
鉛筆を数本持って行きます。

なぜって?
TOEIC はマークシートを黒く塗りつぶして解答します。
シャープペンシルは芯が細いので塗るのに時間がかかります。
なので「鉛筆」を持って行きます。

鉛筆は念のために 2 、3 本持っていくと安心です。
芯先は丸くすると塗りやすいですよ。

試験開始前に受験番号や名前などを記入するときマークシートも塗ります。
テスト開始の時点では芯先が丸くなりますね。

鉛筆は転がることがあります。
転がり防止がついたキャップがあるとさらに安心です。

質問を先に見る

問題の解き方です。
リスニングセクション、リーディングセクション、質問を先に見て何を問われるのか?を準備します。

リスニングセクション(Part 3 , 4)

リスニングの Part 3 と Part 4 は放送内容を問われます。

会話、アナウンスなどの問題(放送内容)は印刷されていません。
設問と答え( 4 択)は印刷されています。

会話やアナウンスなどの内容が始まる前に設問に目を通します。

答えの選択肢まで見ると混乱するのであれば、内容の放送が始まるまで設問だけを何度も見ます。

放送内容をすべて覚えるのはなかなか難しいです。
設問を先に見て「聞くべきところ」が分かれば、集中する部分も分かります。

リーディングセクション(Part 7)

リーディングの Part 7 は文書内容を問われる問題です。

Part 7 の文章は文章から読まずに、まず設問を先に見てしまいます。
設問を確認してから問題文を読むのです。

何を答えればいいのかを知れば、注意して読まなければならない場所が分かります。

Part 7 は他の問題より時間がかかります。
Part 7 で時間を取りたいので Part 5 , Part 6 で分からない問題は考え込まず次に行きます。

リスニングでは放送に従ってほぼ強制的に次の問題にいきます。
リーディングはそうはいきません。

分からない問題はあれこれ考えてしまいます。
苦しい選択ですが、分からない問題は時間をかけても分かりません。
「潔く」次の問題に取り掛かりましょう。

発音の違いを知る

TOEIC リスニングは 4 種類の発音で問題が出題されます。

  • イギリス英語
  • オーストラリア英語
  • カナダ英語
  • アメリカ英語

動画配信サービスや You Tube などで比較的さまざまな英語を聞ける今では、どの発音もインターネット上で聞くことができます。

とは言え、すべての英語をバランスよく聞いている人は少ないと思います。

今の学校は分かりませんが、日本で英語を習うのは一般的にアメリカ英語です。

普段は聞くことが少ない英語の発音を TOEIC テストの準備として聞いてみてはどうですか?
各国の「ニュースサイト」を紹介します。

  • BBC : イギリス
  • ABC : オーストラリア
  • CBC : カナダ
  • ABC : アメリカ

公式教材で問題を知る

TOEIC(Listening & Reading Test)に落ち着いて臨むには事前にテスト構成を知ります。
テストの流れが分かっていれば心構えができます。
次は何だっけ?という不安が軽減されます。

TOEIC は公式の問題集があります。
テストに慣れるというよりは、リーディングセクションを解く時間と時間配分を考えてほしいのです。

リーディングセクションは 100 問を 75 分で解きます。
文書を読まなければ解けない Part 7 に約 1 分の時間をかけると他の問題は約 20 ~ 30 秒です。
1 問を解くのにその時間がどれぐらいなのか体験してください。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集を使って「淡々と」問題を解き進めていくやり方を覚えます。

まとめ

TOEIC テスト。
ちょっとでもいいスコアを取りたいじゃないですか。
テスト前にできることはやってみませんか?

テストの時に必ず使う「必勝ペン」があるのならそれを使ってください。
新たに筆記用具の用意をするのであれば「鉛筆」をおすすめします。
マークシートを塗りつぶす時間を削減できます。

問題の解き方も練習しておきます。
Part 3 , 4 , 7 では問われること(設問)を先に見ます。
リスニングの放送では何を聞けばよいのか分かります。
リーディングでは何の情報を見つければよいのか分かります。

リスニングでは 4 種類の発音を聞きます。
You Tube を利用すればそれぞれの発音を簡単に聞くことができます。

TOEIC 公式問題集を使って流れを知るとテスト本番時に慌てません。
リーディングセクションは問題集で時間配分を考えてみてください。

試験当日は睡眠をしっかりとって、ゆとりを持って行ってらっしゃいませ ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
『国際的な人材』、『グローバルな人材』と聞くと私には関係ないもんって思っちゃいますか? いえ、あなたが大切なグローバル人材なんです。 よしのブログは光り輝くあなたを応援します。 英語関連を中心に紹介します。 いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2019 All Rights Reserved.