英語を始めたいけど道のり長そう:試験の高スコアより英語に慣れる、がいい

習慣

英語が気になっている、
英語を始めてみたい。

次に思うことはこんなことでしょうか?

  • 学生以来、英語学習してない
  • そもそも英語を覚えていない
  • 文法、単語、最初から覚えなきゃいけない

やることいっぱい。
けっきょく、やりたくなくなります。

出だしからいろいろ考えちゃいます。
分かりやすい TOEIC のスコアを目標としたくなります。

英検や TOEICなどの資格を目標設定って誰から見ても分かりやすいですもん。

でもそうすると、なんだかすごい長い道のりを感じてしまいます。
なので、英語に慣れることを目標!にしてみませんか?

試験などの高スコア、もちろんすごいです。
でも、高いスコアを持っているから英語を話すことに慣れている、はちょこっと違います。
高いスコアが取れなくても、簡単な会話は十分できちゃいます。
高いスコアを持っていなくても、英語は話せるんです。

英語は人とコミュニケーションをとるためです。

片言でも英語を話すことに慣れていく、
そして、それがいつか気がついたら「長く英語学習を続けている」になっています。

今、すぐ、取り掛かるしかない

英語、話したい。
英語、分かるようになりたい。

「なりたい!」
それならやることはひとつです。

英語の学習を始める、です。

気になっていた英語学習アプリ、
気分が上がりそうな英語参考書、
ちょっと勇気がいるけどやってみたいオンライン英会話、

なんでもいいんですよ。

英語を始めたいと思って見かけた、気になったモノ。
今から、
今日中には取り組めるように手をつけちゃいます。

知らないこと、分らないことをグルグル考えを巡らせるより、
始めたほうが早いんです。

明日もまた「英語を知らないまま」。
これはもう嫌ですよね。

今日始めれば、明日の自分は「ちょっと英語を知っている」自分です。
ステキです。

何の学習であれ、ある程度の期間は必要

英語は言語です。
ちょっとかじれば習得できるもの、
そこまで簡単なものではありません。

そして、継続が必要になります。
もう嫌になっちゃいますよね。

英語だけではないんですが、
何の学習であれ、「学習時間」は確保しなきゃならないんですよね。

英語以外にも、やりたいこと、学びたいことがある。
英語だけに学習時間が取れない・・・。

もし英語を習得することが喫緊の問題ではないとしたら、
1日5分から10分ぐらいのスキマ時間を3回利用して、
1日30分ぐらい英語学習やってみるのはどうでしょうか?

短期間で燃え尽きてしまうと再開が難しいですよね。
もう、2度と英語学習をやりたくなくなってしまいます。

なので、ゆっくり始めていきましょうよ。

英語が分かると何かと便利

英語が分かると何かと便利です。

インターネットで何か検索をしているとき、
英語で書かれた記事を読むことができます。

YouTube で見る動画の種類が増えます。

翻訳ソフトや翻訳機能があちこちで便利に使えます。

英語を知らないと、翻訳機能を使って読む(見る)ことすら考えません。
英語に慣れていれば、便利機能を使って不足部分を補おうという考えが浮かびます。

英語の情報も見るようになると、必要な取れる情報が増えます。
日本語に訳されている情報は限られています。

仕事でも、趣味でも、英語によって広がりが出てきますよ。

まとめ

英語をやりたいと思っているのなら、迷わず、やってみてください。

普段、何気なく流れる英語学習広告の内容はやや衝撃的なものが多いです。
それらを聞くたびに、なぜか焦ってしまいます。

英語学習は中・長期かかるのです。
ゆっくりやっていきませんか?

中・長期かかるからこそ、
今から始める!です。

悩んでいても明日は変わらないのです。
今日、始めれば明日はまたひとつ新しい英単語を覚えることができます。

英語を知ると、取れる情報に広がりが出てきます。
映画や動画を見て知っている言葉が増えてくるので楽しくもなります。

英語に慣れて、取り入れていけば、
英語の資格、TOEIC のスコアは段階的に上がります。

自己嫌悪に陥らない英語習慣を身につけたいですね。

プロフィール
この記事をかいた人
よしの

20代後半から英語力ゼロで始めた英語。
「真剣さ」などなく、「お話し好き」だけで英語を続けてきました。

とは言え、今まで凹んだこと、落ち込んだこと、やめない程度にだらだら続けていた日々がありました。

話すことが、楽しいんです。

英語関連を中心に紹介します。
いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。

訪れてくれてありがとうございます。嬉しいです。

よしのをフォローする
習慣
スポンサーリンク
よしのをフォローする
よしのブログ
タイトルとURLをコピーしました