日本語文を考えてから英語にしようとすると戸惑う理由:難しく考え過ぎない

スピーキング&ライティング

日本語文を考えてから英語の文にしようとすると、考え込んでしまうことがあります。

こんな難しいことは言えない、
何が言いたいのか分からなくなる、

当たり前ですが、日本語は自由に話すことができます。
好きなだけ伝えたい情報を言葉にすることができます。

たくさん、一気に伝えようとすると混乱します。
言いたいことが言えない!とイライラしちゃいます。

短い文を作ってひとつひとつ伝えていくといいかもしれません。

日本語には遠回しな表現があります。
簡潔に伝えてみます。

シンプルな英語文で伝える

長い文章を話さなきゃいけない、
そう思ってしまうと頭が混乱します。

短い文を追加するように話してみてはどうでしょうか?

I like it.
Because it looks cool.
It’s affordable too.

Yes / No の質問には、とりあえず Yes なのか No なのか返事しちゃいます。
どっちも!と思う時でも、Yes と答えた後に 反対意見を伝えてもいいです。

もちろん最初から Yes and no を伝えてもいいですよね。

ひとつの文に言いたいことすべてを詰め込むのではなく、
短い文で伝えていきます。

丁寧に伝えようとすればするほど日本語は遠回しな言い方になることが多いです。
その日本語を考えてから英語文を考えると頭が真っ白になります。

英語にも遠回しな表現はあります。

英語を話そうとするたび時間がかかってしまうのなら、
まずは簡潔な英文を心がけてみてください。

話すことに慣れてくれば、自然と様々な表現を使えるようになります。
それから遠回しの表現を覚えても遅くはありません。

主語は誰?

日本語って主語を抜かしても話せますよね。
英語は主語をつけますよね?

日本語で主語を抜かしているとは言え、頭の中で何が主語なのか、の前提はあるはずです。

主語が何かを意識せず(?)話せるので、英語で表現しようと主語を考えると「ん?」となることがあります。
(ありませんか?)

日本語でも曖昧な話し方を改善するといいかもしれません。

「誰が」、「何が」、
日本語で明確に伝えるよう心掛けると、仕事などでも行き違いが減っていいかもしれません。

表現の違いもあります。
「看板に○○と書いてある。」
そのまま受け身で英語に直そうとするとまどろっこしくなります。

It says …

これを使えば簡単です。

主語を変えると英語の文がシンプルになることがあります。

定型文を覚えるとラク

英語学習を続けていくといろんな表現が身についていきます。

それにはある程度の学習期間が必要です。

と、言われるとちょっと嫌になりますよね?
少しでもラクになる方法は、「定型文を覚える」です。

挨拶や、会社などで決まった言葉を使いませんか?
英語でも文法など特に気にせず、決まりきった文をそのまま覚えてしまうのです。

定型文はいつも同じ言葉を使っていても違和感がありません。
ある場面で使える定型文を 1、2個覚えているとそれだけで出だしは OK です。

映画・ドラマを見よう

映画、海外ドラマを見る。

日本に住み、英語を話す友人がいない場合、英語の表現を知る機会があまりありません。
一番簡単な方法は、映画や海外ドラマを見ることです。

海外ドラマで話されている会話は、英語学習のテキストとは違い実際に使われている言葉です。

自然な英会話を覚えることはスピーキング力の向上に役立ちます。
表現を覚えれば早いネイティブ英語の会話も聞こえるようになってきます。

動画配信サービスを有料で契約しなくても、無料で見られる動画があります。

自然な英語を聞くことで、日本語とは違う英語のリズムに馴染むことができますよ。

英語字幕で映画を見ることもいいですが、
理解できない内容のものを見ていてもおもしろくないです。

日本語字幕で英語の音を聞いているだけでも、効果はあります。

まとめ

日本語から英語に直して話そうとすると、戸惑うことがあります。
回りくどくなったりするんです。

シンプルな言葉が一番伝わりやすかったりします。
長~い文を伝えるより、短い文にして伝える方が分かりやすいです。

最初からひとつの文に詰め込むのではなく、小出しに伝えていきます。

誰を、何を、主語にするのかも気にしてみます。
日本語で考えていた主語で文にするよりも、モノを主語にすると英語では分かりやすくなることがあります。

英語の表現は慣れていくしかありません。
会話を聞けば聞くほど表現が増えていきます。

映画やドラマを見て会話を聞いてみてはどうでしょうか?
挨拶などの決まった言い方はすぐに覚えてしまうと思います。

定型文を覚えているだけでも、会話がスムーズになりますよ。

プロフィール
この記事をかいた人
よしの

20代後半から英語力ゼロで始めた英語。
「真剣さ」などなく、「お話し好き」だけで英語を続けてきました。

とは言え、今まで凹んだこと、落ち込んだこと、やめない程度にだらだら続けていた日々がありました。

話すことが、楽しいんです。

英語関連を中心に紹介します。
いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。

訪れてくれてありがとうございます。嬉しいです。

よしのをフォローする
スピーキング&ライティング
スポンサーリンク
よしのをフォローする
よしのブログ
タイトルとURLをコピーしました