ゼロから始めた英語などあれこれ

フリートークを楽しみたい!会話を続けたい!それなら本を読もう!

2021/08/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら

オンライン英会話のレッスン楽しんでいますか?

「レッスン中に使用する教材を読み、発音し、用意されている質問には答えられる。でもいまいち盛り上がらない。」

「ディスカッションがそもそも苦手。」

教え方が上手な講師は質問がうまいので会話を盛り上げてくれますよね。
英会話を習うと自分の意見を発言する機会が増えます。

「何言っていいか分からない。」
「意見なんてないしなぁ。」

せっかく講師が会話が続くよう質問をしてくれても「Yes」、「No」、「I don’t know」では質問の度に会話が終わってしまいます。

会話力を鍛えたいなら本を読んでみてはどうですか?
好きな日本語の本でいいんですよ。

目次

自然と考える癖がつく

「何の本を読んでいいのか分からない。」
そんな時はGoogleさんで検索してみるのが簡単かもしれません。
気になった(日本語で書かれている)本を選んで読んでみてはどうですか。
好きなジャンルがいいですよね。

本を読む速度は関係ありません。
本を読んでいると、書かれていることに対して思うことが頭の中に浮かんできます。

本がいいと思うところのひとつは、自分のペースで読めるということです。
本の中のある一部分で気になって本から目を離し、考えを巡らす。
また本文に戻って、「なるほど」とか思いながらまた気になるところで考えてみる。

本を読んでいる時は「読む」「感じる」「考える」(順番はどうであれ)この繰り返しではないかと思います。

途中で飽きてしまったら、そこでやめてもパラパラと読み飛ばしてもあなたの自由です。
すべての本を最初から最後まで全部読まなくてもいいのです。
1冊の本からひとつでも何か考えることが見つかれば、それでも十分価値があると個人的には思います。
そしてまた新しい次の本を選んでみてはどうですか。
読んだ本で見つけた”考えた部分”は次に本を探す時にも役立ちます。
考えた部分や気になった部分はもっと詳しく知りたいと思うからです。

本を読むのがつまらないと感じるのは、あなたに合った本に出会ったことがないからです。
ランキングに載っている本が面白くなくても、あなたの読み方のせいではまったくありません。
次を見つけましょう。

イメージする力がつく

本は文字だけです。
挿絵や図や写真があることもありますが文字を読んでいきます。

ある情景を読むとあなたの頭の中にイメージが広がります。

あなたの好きな本が映画化されて不満を抱いたことはありませんか?
あなたが物語を読んで頭の中で作り出した世界が、映像化されたイメージと大きく違うとがっかりしたりしませんか?
好きな登場人物の配役が気に入らなかった時はなおさらですよね。

人によって考えるイメージが違うことも面白いですが、あなたは文字を読んでイメージを作り出しているのです。

「イメージする」ことは英語学習だけに役立つことではありません。
何かを達成させたいとき、計画するとき、必要な能力です。

「イメージ力」を強めていくためにも本を読んでみませんか。

思ったことを書き留めてみる

文章を読んで、何か思い、何かイメージしたということは、もうすでにあなたにはいくつかの考えがあるはずです。

難しいことを考える必要はなく、あなたが考えた、感じたことでいいのです。
それらを書き出してみませんか。
よく分からなかったこと、同意したところ、反対したところ、何でもいいのです。

書き出してみると考えがまとまります。
書き出してみるとあなたが頭の中で考えたことが意見として出てきます。

あなたはすでに感想と意見を持っているのです。

英語でどう言うのか調べてみる

日本語で考えがまとまったら英語でどう言えばいいのか考えてみます。
分からなければオンライン英会話のレッスンで聞けばOKですよ。

英語の話し方を英会話レッスンで学ぶので、自分で調べてみて100%分からなくても問題はありません。
英語を話せるようになりたいから、英会話レッスンを受講しています。
どんどん活用しましょう。
たくさん間違えて、正しい表現の仕方を教えてもらいましょう。

あなたの意見はテストのように〇×や点数をつけるものではありません。
あなたの意見と相手の意見を共有してみませんか。

もしちょっと言いにくいことがあればこの文章が便利です。
I’m sorry to say this, but…
I hate to say this, but…
前置きすると言いやすくなりますよ。

意見を共有すると記憶に残ります。
相手の意見も聞くので考えが広がります。
意見を惜しみなく出し合って活気あるレッスンを楽しんでください。

まとめ

「意見がない」と思ってしまうのはディスカッションに慣れていないだけかもしれません。

何か思うことはあると思います。
思いを伝える、それが意見になっていきます。

英語の文法が間違っていたとしても「伝えたい」気持ちがあれば、講師はあなたが何を伝えたいのか手伝ってくれるはずです。
そしてあなたの熱意に講師もディスカッションを楽しみたいと思ってくれるはずです。

本は紙でも電子でもあなたが好きなほうで読んでみてはどうですか?
図書館で借りてきてもいいですよね。

個人的には電子書籍が好きです。
電子化されていない本もありますが、AmazonのKindleは読みやすいですよ。

Kindleアプリは無料でダウンロードできますよ。
スマホがあればどこでも本が読めます。

この記事を書いている人 - WRITER -
まったくの初心者から英語を独学で勉強してきました。今はTOEICスコア800点台をうろついています。 英語学習で悩むこと、つまずいた事、数えきれないぐらいあります。 やってみた事、経験してきた事、恥ずかしかった事、紹介してます。 英語は誰でも話せるようになります。今のあなたにあう方法を知らないだけです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2020 All Rights Reserved.