愛と共に英語学習:おしゃべりで世界に笑顔を増やす

分かったふりしちゃう?相槌だけでごまかしちゃう?積極的に英会話をしよう!

2022/07/02
 
積極的に英語を話す
この記事を書いている人 - WRITER -
20代後半から英語力ゼロで始めた英語。 「真剣さ」などなく、「お話し好き」だけで英語を続けてきました。 とは言え、今まで凹んだこと、落ち込んだこと、やめない程度にだらだら続けていた日々がありました。 でもやっぱり話すことが楽しいんです。 英語関連を中心に紹介します。 いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。 訪れてくれてありがとうございます。嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

英会話レッスン。
レッスン終了後に思い返してみると・・・。

「Really?」

「Uh-huh.」

「I see.」

自分が発した言葉はこれぐらい。

気が付いたことは・・・。

私、英語話してないじゃん!

あなたの英会話レッスンです。
積極的なスピーキングでいきましょう!

目次

英会話レッスンはあなたが主役

英会話レッスンはあなたのために用意された時間です。
もしグループレッスンを受講していて他に受講者がいたとしてもあなたは主人公のひとりです。

英会話レッスンは講師が進行役ではあります。
レッスン内容を濃いものにするには自ら発言をしていきましょう!

講師の質問に「 Yes 」もしくは「 No 」だけの回答ではすぐに会話が終わってしまいます。
その後に答えの理由を伝えてみます。
会話が弾みますよ。

英会話レッスンは受け身の授業ではありません。
相手の質問だけを待つだけではなく、会話を楽しみます。

自分が楽しむのです。
間違っていてもいいのです。
話せば話すほど間違いに気づき、向上するのです。

弱点が分かれば強化点を知ることができます。
そして次の学習法を見つけることができるのです。

分からないところは素直に聞き直そう

相手が何を言っているのか分からないのにそのままにしてしまうこと、ありませんか?
私はよくあります。

会話にはテンポがあります。
タイミングを逃して聞けないこともありますよね?

頭の中にクエスチョンマークが浮かんだまま話を適当に流していることありませんか?

せっかくの英会話レッスンです。
しつこいぐらいに聞いてみます。

発音が分からないと、知っている単語や文章も「ぜんっぜん聞こえない」ことはよくあります。

聞き返すときに使える表現

「えっ?」っと思った時にすぐ口から出せると便利な、聞き返すときの表現です。

  • もう一度言ってほしい
    Sorry?
    Could you say that again, please?
  • ゆっくり話してほしい
    Could you speak slowly, please?

遠慮せず伝えてみましょう。

全てが聞こえなかったわけではなく、一部分だけ聞こえなかった時もありますよね。
ある部分だけもう1回言ってほしい時です。

  • 質問の最後が聞こえなかった
    I missed the last part of your question.
  • 質問の最初が聞こえなかった
    I didn’t catch the first part of your question.

聞いても分からないときは書いてもらう

聞き直しても聞こえないんだけど???
大丈夫です。
よくあります。

そんな時は、チャットボックスに入力してもらいましょう。
近くにいるのなら紙やホワイトボードなどに、です。

何て言ったのか書いてほしいときの表現

日本語にない発音は聞き取りにくいんです。
「書いてください!」と伝える表現です。

  • チャットボックスに入力してもらう
    Could you type that in the chat box?
  • 紙に書いてもらう
    Could you write it down please?

自分の気持ちを伝える、そして相手にも聞いてみる

英語は会話するものです。
コミュニケーションです。

相手の質問に対して何かしら頭に浮かんだことはありますよね。
自分の気持ちを言葉で表します。

自分の気持ちを伝えたら、相手にも聞いてみます。
会話のキャッチボールですね。
会話を膨らませるにはお互いのやり取りが必要です。

相手の考えを聞いて、なぜそう感じたのか?をさらに聞いてみるとまた会話は続きます。
そしてその考えに対して自分はどう感じたのか伝えてみるのです。

それを繰り返していくと自然と会話が続く、英語を話しています。
そしてお互いを分かり合えるのです。

まとめ

今より英語が話せるようになりたい!
聞いているだけで終わらせない!

どんどん話していきましょう。

頭の中だけでわかっている、
それより話す機会を増やすことが、次の英語力への近道です。

英語が間違っている、
発音が悪い、
いいんです。
そう気がついた分だけ成長します。

分からないことは教えてもらう、書いてもらう、です。

自分と相手の考えをお互いに共有できれば、
そこには「英語が話せる!」以上のものも獲得できます。

人と人をつなぐ言葉、英語です。
楽しみながら、間違えながら、進んでいきましょう。


英会話レッスンは緊張しますか?


この記事を書いている人 - WRITER -
20代後半から英語力ゼロで始めた英語。 「真剣さ」などなく、「お話し好き」だけで英語を続けてきました。 とは言え、今まで凹んだこと、落ち込んだこと、やめない程度にだらだら続けていた日々がありました。 でもやっぱり話すことが楽しいんです。 英語関連を中心に紹介します。 いくつからでも、ゼロから英語を始めても、英語は誰でも話せるようになります。 訪れてくれてありがとうございます。嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら
広告



広告



Copyright© よしのブログ , 2018 All Rights Reserved.